アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 適応分泌の法則

唾液や胃から分泌される消化酵素。
たとえばショ糖ならスクラーゼ・乳糖ならラクトーゼ・
タンパク質にはプロテアーゼというように、それぞれに
応じた酵素が必要です。
これがないと、食べたものが身体に吸収される形にまで
なかなか分解されません。

適応分泌の法則というのは、食べた量・種別によって
最小限必要な分だけが分泌される・・・ということです。

酵素は生の食品には豊富に含まれていますが、熱に弱いので
加熱調理をすると、酵素はほとんど失われてしまいます。
消化するための酵素は、身体の中にある酵素をそれ用に作り
直して
働かせます。

加熱調理したものを多く食べると、その分だけ身体の中の
酵素を消化酵素として使ってしまうのです。
その結果、代謝として使う酵素や病気・怪我を治すための
酵素が不足してきます。

ちなみに、高カロリーの食べ物には、本来、それを消化するため
の十分な酵素が含まれています。
ところが、肉などはほとんどが加熱調理をするため、不足する酵
素を他の野菜などから補給しなければなりません。
しかし、野菜などは低カロリーのため、もともと含まれる酵素が
それほど多くはないのです。
肉食のため不足している酵素を補おうと思えば、ものすごい量の
野菜が必要になりますが、実際は生の野菜などはそんなには
摂れないのが実情ですよね。
つまり肉食などの高カロリーの食事が多いと慢性的な酵素不足に
なり、健康を損ないやすくなるのです。

酵素を温存できる方法としては・・・
・高カロリー食品の加熱料理は少なくする
・生の食品をできるだけ多く摂る
・消化の負担を軽くするため、事前消化を促すように
 する(唾液のアミラーゼと食べ物をよく混ぜ合わせる) 
 (唾液をできるだけ多く分泌させて、消化を促す)
 (つまりよく噛む

こういったことを考えると、昔からよく言われる健康法で
「腹八分・よくかむ」といったことは酵素健康学に通じて
くるのです。
先人の言い伝えは、的を得ていますね。